商品は変えずにギフトに選ばれるお店を作るたった1つの方法

Pocket

こんにちは、小売店コンサルタントの小林れいです。ラッピングコーディネーターから起業をし、店舗ディスプレイなどのお仕事もさせていただいてきたので、「ギフトに選ばれるお店作り」をモットーに、小売店をサポートさせていただいています。

そんな私なので、「ギフトに選ばれるお店を作りたい」という男性の経営者の方がコンサルティングやラッピングのコーディネートをご依頼くださいます。

初回のお打ち合わせでは必ず
「なぜギフトに選ばれるお店を作りたいのですか」
とお伺いするのですが、皆さん

「ギフトに選ばれたら、客単価が上がる」
「女性はこまめにギフトを贈る」
「ラッピングを可愛らしくすればギフトが売れるようになるはず」

とおっしゃられます。

果たしてそれは合っているのか、というと、半分正解で、半分は不正解です。

なぜなら、男女問わず、みんな自分本位、自分が一番。だから、商品を見る時も、自分がほしいかほしくないかでしか見ていません。

自分に必要か否か、でしか見ないんですね。

ですから、まずギフトに選ばれるお店を作りたければ、

なので、ギフトに選ばれるお店になりたかったら、

「この商品、ギフトにどうですか?!」

と伝えること。

実はこの一言で、

「あ、ギフト贈らないといけない相手いたっけ?」

と考えるスイッチが、お客様の中で入ります。

この一言がない限り、永遠に「この商品、私が必要か否か」でしか判断されないので、ギフトにもなりません。
母の日や父の日、クリスマスなど、イベントごとの時は嫌でも街中がギフト・ギフト・ギフト、になるので、皆さん贈ることに集中しますが、そうでない時には、他人に何かをあげるなんて、毛頭考えていないのが人間なのです。

その後に、
・ラッピングもできますよ。
・お子さんにどうですか?お孫さんにどうですか?お父さんに、お母さんに、おじいちゃんに、おばあちゃんに、お友達に、同僚に、上司に・・・
・相手に上げることであなたの株が上がりますよ

と具体的に出来ることを挙げると

「あ、そうだ、あの人にプレゼント送ろう!」

となります。それが「ギフトラッピングやってますー!」だけだとダメ。
だって、○○さんにあげないと、という気持ちになってないのに、可愛い包装紙見せられても、全然心が動きません。

これはもちろん、接客トークでもPOPでもOK!

一年中使えますから、ぜひお試しくださいね。

小林れいってどんな人?と思われたらこちらを御覧くださいね。