代表紹介

Pocket

kobayashirei
代表取締役 小林れい(お仕事は旧姓でさせていただいております)

女子美術短期大学造形科卒業(絵画専攻)

小売店専門コンサルタント
ギフトラッピング・パッケージ専門コンサルタント
持ち込みラッピングスペシャリスト

ラッピング協会認定講師・ラッピングマイスター
色彩検定2級取得
販売士
中央企業庁 専門家
イオン同友会(全国イオンモール)VPコンテスト審査員

経歴

2000年3月短大卒業後不動産、デザイン事務所、金融業、印刷会社のパッケージ部門を経て2004年ラッピングコーディネーターとして独立。
関西近郊のショッピングモールなどで、イベントのラッピングカウンターを担当。
2008年~2010年京都大手呉服店が立ち上げた大型雑貨店にてラッピング講習、店舗ディスプレイ指導に携わる。
2014年より大阪府商工会連合会より推薦を受け、中小企業庁(運営サイト:ミラサポ)専門家として認められる。年間10数店舗から依頼、支援機関評価も4.8と高い。
2015~2016年包装資材メーカー株式会社HEADSのLIFESTYLE事業部、SWEETS事業部にラッピングコーディネーターとして従事。ラッピング動画、カタログ作成に携わる。2016年に作成したデパート包み動画は56万再生を記録(2018年現在)
2017年より、イオン同友会VPコンテスト(全国のイオンモールに入っているテナント向けのディスプレイコンテスト)審査員。
主な仕事内容は実際に店舗に出向き、「ギフトに選ばれるお店作り」をモットーに、店舗ディスプレイ、ラッピング中心にコンサルティングを行っている。菓子店のオリジナルパッケージのディレクション、ブランディングなども担う。

小林れいよりお仕事依頼をご検討の方へメッセージ

美術系短大を卒業後、有名ファッション誌を作成するデザイン事務所に入ったこともありますが、OL時代、ほとんど異業種に従事する期間が長かった私です。異業種に在職中にも雑貨店開業の夢が諦めきれず、専門学校(ヒューマンアカデミー雑貨プロデュース講座)で雑貨店の経営について体系的に学びました。
その後、昔アルバイト先で苦手だったラッピングを克服しようと、ラッピングの講習会に参加。贈り物に携われる喜びから、ラッピングコーディネーターとして独立することになりました。
ラッピングの仕事をキッカケに、小売店の方に僭越ながらアドバイス、指導をさせていただく中で蓄積した知識、オリジナルのメソッドを中心に、店舗ディスプレイ、ラッピングのアドバイスをしています。
出来る仕事としては、店舗ディスプレイ、ラッピングの技術指導、小売店の経営改善、小売店創業時のブランディングを中心にした支援やアドバイスです。過去のお客様では店舗ディスプレイのご依頼から、パッケージ作成、ブランディングまでご依頼されることもありました。

依存させるコンサルタントではなく、あなたのお店の一員として共に歩み、寄り添えるコンサルタントを目指しています。
ミラサポや低価格のサービスからでも構いませんので、「もっと売れるはずなのに」「これ以上何をしたら売上が上るのか分からない」という方はぜひご相談ください。