持ち込みラッピングサービス「のれん分け」制度

Pocket

持ち込みラッピングサービス「のれん分け」制度とは・・・

弊社の主力事業でもある「持ち込みラッピングサービス」(店舗名:京のつつみ屋小箱)。

このサービスは、弊社代表の小林れいが、ラッピング教室の講師として活動していた時に、お客様からの要望で生まれました。

・ネットショップでラッピングしてもらえなかった

・購入店のラッピングが下手だった。

・パーティーや披露宴に持参するので華やかにしてほしい

この3つがお客様の来店動機です。

ラッピングコーディネーターの小林が小売店の希望でラッピング研修をしていると、

「ちょっとした贈り物のラッピングでは待たされたくない」

というお客様がいらっしゃる反面、

「結婚祝いや特別な日の贈り物、高価な贈り物の場合、袋に入れるだけ・デパート包みをするだけのお店の包装に物足りなさを感じている」

というお客様がいらっしゃることがわかりました。

これは弊社の持ち込みラッピングサービスをご利用されるお客様の気持ちとも完全に一致しています。

また、近年ネットショップを利用するお客様が増える中、

「商品価格は安いけど、倉庫のダンボールのような箱で届いた」

「埃まみれの袋で届いたが、こんな状態では渡せない」

ということでお困りです。

しかし本来、このお困りごとは、購入店のラッピングサービスが向上すれば、お客様がそもそも専門店に来る必要はなく、お客様にとって一番良い状態。

ですのでまず、小売店の方へ「有料でもお客様が喜んでお金を払うラッピング」サービスを導入していただきたいと考えました。

それが「システムパターン導入」コースです。

こちらは、自店で購入した品物を、弊社提供しているラッピングパターン(サイズと資材で値段が変わる)にあわせてラッピングできるというもの。

ただし、ラッピングできる商品は御店舗の商品のみで、外部からの受付は出来ません。

ただやはり、どの地域にも

「ネットショップで買ったけど、やっぱりラッピングし直して欲しい。そのためには少々高くてもいい!!」

など、店舗に持ち込みたいという方が一定数いらっしゃいます。

そういった「他店で購入したけど、自分のお店でラッピングのみを請け負う」というサービスをしていきたい人が、「持ち込みラッピング開業クラス」です。

ただ、持ち込みラッピング「のみ」で開業するというよりは、現在されている事業(雑貨店など、各種小売業)の副業・新たなサービスとして導入されることを想定しております。

ぜひ下記の表で、どちらのパターンを御社に導入されたいか、ご検討ください。

 

対象

小売店で持ち込みラッピングサービスを導入されたい店舗

期間・回数

コースによりますので、下記の表を参考にしてください。

内容と料金

材料費、修了証込みの受講料です。

コース システムパターン導入コース 持ち込みラッピング開業コース
料金 1店舗あたり432,000円 1店舗あたり1,080,000円
対象になる方

(飲食店、生花店は原則対象外)

現在小売店をお持ちの方

ネットショップのみも可

現在小売店をお持ちの方

ネットショップのみは不可

講習に参加できる人数 10名 30名
内容 御店舗で取扱商品が包装出来る

ようにレクチャー。

御店舗の取扱商品以外でも包装出来る

内容をレクチャー。(自転車など)

研修必要時間目安 18~24時間(6時間×3~4日) 30~60時間(6時間×5~10日)
他店購入品の持ち込み対応 ×
×
弊社サイトでの紹介 △(要掲載料)

料金

材料費、修了証込みの受講料です。

レベル、クラス 受講料 最低開講人数と定員
システムパターン導入コース 432,000円 1名さまから開催OK、10名まで
持ち込みラッピング開業クラス 1,080,000円 1名さまから開催OK、10名まで

お問い合わせ

現在、Skype ZOOMで無料説明会を実施しております。マンツーマンでのお話しになりますので、御社の導入希望理由など、他社へ漏れることはありません。ぜひ、お問い合わせフォームより、「持ち込みラッピングサービスのれんわけ無料説明会希望」と記載の上、お問い合わせください。既に導入を決めていらっしゃる方も、お伺いする前に、お電話とPDF資料にて、システム等を説明するお時間を頂戴しますので、ご了承ください。(30分程度)

お問い合わせはこちら